新着情報


,

万事争論54

富士山入山料、来夏から導入へ 山梨・静岡両県が合意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000010-asahi-soci
※朝日デジタル参照





世界文化遺産登録が確実となった富士山で入山料を検討しているようです。





年間三十万人が八合目以上に登る一大観光地に降って湧いた金脈かも知れません。





ところで、この富士山ٻλ・・・





誰の所有物かご存知ですか?





じつは1974年の最高裁判所の判決によって、





富士山の八合九勺(3360m)から上は





浅間神社ものとなったのです。





静岡県側は国有林になり、





山梨県側は県有林として管理されているようですが、





8合9勺以上の富士山頂については、





富士本宮浅間神社の所有地と決められています。





更に問題を出しますが、富士山の土地を浅間神社へ与えた人間は誰でしょう?





これが分かっていたら相当な富士山通ですね。





略すと富士通か?/^o^\フッジッサーン





答えはこの人・・・・





ok.jpg





では、無くて・・・





なんでやねん.jpg





E0PQGYCATUDKQ3CAD4VEK0CALPXQS1CAH68E42CAVT8U68CADM31ZGCA76J4SGCAG0Y1P0CAHQ37CZCAYBE62XCA6J7IBPCAOX1Z53CAXHEJJQCAWCVG1PCADTIW3SCATJCWAQCA4YIPC6CADVVLJ2.jpg





そう、徳川家康なのです。





そもそもの持ち主はあの徳川家康で、





1606年に家康から大社に寄進されたと伝えられておりました。





ところが、明治維新後の1871年に国有地化。





太平洋戦争後、全国で国有化された土地が寺社へと返還されたのだが、






富士山頂だけは一部を除いて返還されなかったんです。





1974年の最高裁判所の判決によって





あらためて浅間神社のものと認められたが、





それでもなかなか返還されず、





2004年に財務省東海財務局が県境問題よりも優先することで調整し、





ようやく無償譲与し134年ぶりに富士山山頂は





もとの持ち主に戻ったという歴史があったんですね。





本日はここまで!( ̄▽ ̄)